不眠・睡眠障害:周期性四肢運動障害

周期性四肢運動障害とは

 周期性四肢運動障害は、かつては夜間ミオクローヌスという名で呼ばれていました。 ミオクローヌスとは、四肢の筋肉に発生する周期性のけいれんのことです。 そのような不随意運動が、眠っている間に現われるのが周期性四肢運動障害です。 入眠後、下肢の筋肉がピクンと周期的にけいれんし、そのため睡眠中に何度も覚醒してしまいます。

周期性四肢運動障害の症状

 周期性四肢運動障害は、「むずむず脚症候群」に高い頻度で合併してみられる障害です。 中高年に多く、加齢とともに頻発していきます。 また、妊娠中の女性も、その2割近くに発生するといわれています。 ところが、一般臨床では原因がはっきりしないまま、いわゆる不眠症とみなされている高齢者の方が少なくありません。 というのは、本人には不眠や過眠の自覚症状はあっても、筋肉がけいれんしている感覚がほとんどないからです。

 このようなことがあるので、周期性四肢運動障害は、睡眠ポリグラフィの検査によって始めて診断が確定されます。 脚の前脛骨筋の筋電図の記録には、20〜40秒程度の周期で持続0.5〜5秒の筋収縮が見られます。

 健常者でも入眠時にピクッと動くことはありますが、異常かどうかは1時間に5回以上の筋収縮の出現があるかどうかをもって判断します。 周期性四肢運動障害のばあい、1時間あたり50〜100回の筋収縮が起こることも珍しくありません。

周期性四肢運動障害の治療

 周期性四肢運動障害の薬物治療は、上で述べたような理由から一般的な睡眠薬よりも、睡眠中のけいれんを抑制することが必要となります。 現在はドーパミン前駆物質のL-DOPA、筋弛緩薬のバクロフェンなどがよく使用されてます。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ