不眠・睡眠障害:不安障害(パニック障害)とは

不安障害(パニック障害)とは

 不眠・睡眠障害を伴う精神障害の最後に触れておくのは不安障害です。

 不安障害とは、強い不安感や恐怖感にとらわれ、それが突発的、断続的、あるいは長期間にわたって起きるので、日常の生活や活動に支障をきたす精神障害です。  不安障害は、その原因や症状から、全般性不安障害、パニック障害(恐慌性障害)、恐怖症(高所恐怖症、社会恐怖症など)、強迫性障害といった病態に分類されています。
どうして夜中にこんなことが…
 これらの不安障害のうちパニック障害は、いきなり動悸、息切れ、頻脈、発汗といった不安症状が出現する病気です。

 他の不安障害、例えば全般性不安障害はつねに漠然と不安を感じていますが、パニック障害は突然、動悸や息切れなどの症状が発症します。 こうしたパニック障害特有の症状を、パニック発作といいます。

 パニック障害の睡眠障害の特徴は、レム潜時が早くなることです。 入眠から最初のレム睡眠が現れるまでの時間が短く、これはうつ病と同じ現象です。

 また、パニック障害では、レム睡眠の密度が低く、中途覚醒や体動時間も多くなります。 すなわち入眠して深い睡眠のノンレム睡眠に入ったのち、短い時間でレム睡眠に入ってしまい、途中でよく目を覚まし、寝返りを打つなどしょっちゅう体を動かしているのが、パニック障害の睡眠状態であるといえます。

 パニック障害特有の症状であるパニック発作も、しばしば睡眠中に起こります。 睡眠中のパニック発作は、ノンレム睡眠のステージ1、2という段階から、ステージ3、4のより深い睡眠の段階に移行しようとするときに起きます。

 パニック発作は昼間よりも夜中に発生することが多く、パニック障害の方のうち約70%の人が、睡眠中に動悸や息切れなどの発作を経験しています。

不安障害(パニック障害)の治療

 パニック障害の治療は、薬物療法が中心となります。 主に抗うつ薬が用いられ、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)が有効です。

 パニック障害を含む不安障害は、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の異常によって、不安や恐怖が引き起こされます。

 SSRIはセロトニンに作用して、不安感や恐怖感を軽減するのです。 その他には精神療法における個人精神療法や、行動療法なども行います。




アメリカのペンシルバニア大学で行われた「薬物療法と心理療法」をうつ病患者に1年間行った比較実験で
薬物療法の完治率は 12%
心理療法の完治率は 79%
という結果が学会発表されました。

上記プログラムは、心理療法と自己治癒力を高める自然療法を中心に心の病を改善するための支援を行っている『こころの相談室』が監修制作したものです。
最先端の臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、自宅でも出来るようにプログラム化しました。

自宅で、自分でなんとかならないか悩んでいる方

ちょっとこちらをご覧になってみてはいかが 


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の入眠快眠熟眠睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ