不眠・睡眠障害:認知症(旧 痴呆症)とは

認知症(旧 痴呆症)とは

 神経学的障害に伴う睡眠障害として、日常もっとも多くみられるのが、高齢者の認知症による睡眠障害です。 高齢化社会を迎えた今、認知症における睡眠障害への対応は社会の重要な課題になりつつあります。
認知症にはなりたくないが…
 もともと高齢になると、どんな人でも中途覚醒や早朝覚醒が多くなってきます。 とくに夜早いうちから眠くなり、朝早く目が覚めてしまう睡眠相前進症候群のような睡眠障害がよく現われます。 しかし、このような睡眠障害は日常生活に限っては、取り立てて大きな問題にはなりません。

 医療・介護関係者のみならず、社会全体で対策に取り組んでいかなくてはならないのは、認知症をはじめとする大脳皮質変性疾患に伴う睡眠障害です。 東京都の調査では、在宅の認知症高齢者のうち、

◎睡眠障害を訴える人が26.9% ・・・4人に1人

◎被害的念慮を訴える人が21.2% ・・・5人に1人
(「食べ物を食べさせてもらえない」、「お金を盗まれた」など被害を訴える)

◎せん妄を訴える人が 20.0% ・・・5人に1人
(軽中等度の意識低下があり、幻覚、錯覚、興奮といった異常な症状を示す)

となっており、とくに高齢者のせん妄は、夜間に多く起こり、介護をする人々の身体的、精神的負担を招きますし、その治療も困難を伴っています。

高齢者の夜間せん妄とその治療

 現在のところ、高齢者のせん妄の治療薬に用いられているのは、ハロペリドールやレボメプロマジンなどの抗精神病薬です。 もちろん、薬物療法だけではなく、その他の治療も大切です。 高齢者の日中の活動の低下は、せん妄などの現象をもたらす要因の一つであると考えられています。 したがって家族や周囲の介護をする人が働きかけ、昼間の活動をうながすことが症状の軽減につながります。 また、高照度光療法(明るい部屋で過ごしたり、日光浴をしたりすること)も、高齢者のせん妄には有効であるとされています。

 高齢者の認知症におけるせん妄は、治療に難渋するというのが従来の定説でした。 しかし、今日では抗精神病薬や脳代謝賦活薬や睡眠薬などによる薬物療法、日中の活動、高照度光療法などを総合することで、効果をもたらすことがわかってきました。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の入眠快眠熟眠睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ