不眠・睡眠障害:ナルコレプシー

ナルコレプシーは、いわゆる居眠り病?

 ナルコレプシーは、いわゆる居眠り病として知られている障害です。 日中、眠ってはならない時と場所で、突然眠気に襲われて眠り込んでしまいます。

 日本における有病率は、0.16〜0.18%といわれ、1万人に16〜18人と推定されています。 年齢別では、 中学生や高校生がいきなり授業中に眠り込んでしまうなど、思春期の子どもに多くみられます。

 ナルコレプシーの原因はまだはっきりとはわからない部分も多いのですが、一つには遺伝的な要因が、もう一つには、 脳で分泌されるオレキシン(またはハイポクレチン)という物質が関与しているのではないかと考えられています。

ナルコレプシーの4つの症状

 日中むやみに眠くなる原因としては、睡眠時無呼吸症候群、常に眠気に襲われる突発性過眠症、眠気が時々あらわれる反復性過眠症などもあるので、ナルコレプシーの診断では、これらの病気との鑑別が必要となります。
好きで居眠りしてるわけでは…
 ナルコレプシーには、次にあげる4つの主な徴候が認められます。

1.日中の耐え難い眠気  急激に発生します。 歩行中、試験中、運転中などでも、突然眠ってしまいます。 10分〜 15分間ほど眠り、覚醒すると一時的にすっきりします。

2.情動性脱力発作(カタプレキシー)  笑ったり怒ったり驚いたりすると、突然筋緊張が低下する発作のことです。 感情が高ぶると、ろれつが回らなくなったり、体勢が保てなくなります。 体の力が抜けて、 ぐったりする状態が数秒から数分間持続します。

3.入眠時幻覚  入眠時にひじょうに現実感のある幻覚を見ることです。 主に幻視ですが、 幻聴が現われる場合もあります。

4.睡眠麻痺  いわゆる金縛りのことです。 入眠時や覚醒時に、数秒から数分間、声を出したり、体を動かしたりできなくなります。

 上記4つの徴候が全部現われることはあまりありませんが、日中の耐え難い眠気と、情動性脱力発作の2つがつねに認められれば、ナルコレプシーの診断は確定的となります。

ナルコレプシーの治療

 ナルコレプシーの治療は、まず生活指導によって、しっかりとした睡眠習慣をつけることが大切です。 毎晩同じ時刻に就寝し、毎朝同じ時刻に起床するようにします。 昼間、午後2時頃までに20分程度の昼寝をすることも効果があります。

 薬物療法としては、まず日中の過度の眠気や睡眠発作の治療に、中枢刺激薬であるメチルフェニデイト(商品名 リタリン)やペモリン(同 ベタナミン)を用います。 情動性脱力発作や睡眠麻痺の改善には、クロミプラミン(同  アナフラニール)やイミプラミン(同 トフラニール)などの三環系抗うつ薬を用います。 夜間は少量の睡眠導入剤や精神安定薬で、十分な睡眠が取れるようにします。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の熟眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ