不眠・睡眠障害:むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群とは

脚がムズムズしてねむれないよ!
 むずむず脚症候群とは、その名前の示すとおり、夕方から夜間にかけて、下肢に虫が這うような異常体感を覚える睡眠障害です。 とくに夜間、布団に入って眠りかけたときに、下肢がむずむずして眠れなくなります。 時には疼痛のような感覚もあります。

 異常感覚や疼痛は、下肢を動かすことで、緩和もしくは消失するので、じっとしていられず、しばしば起き上がって 歩き回ることで苦痛から逃れようとしたり、足を布団から出したり、冷やしたり、こすり合わせようとしたりと努力します。  そのため、著しい入眠困難や、中途覚醒後の再入眠障害が現われます。

むずむず脚症候群と合併症

 むずむず脚症候群は、様々な疾患と合併してみられる睡眠障害です。 鉄欠乏性貧血をはじめ、尿毒症、糖尿病、下腿静脈瘤、がん、高コレステロール血症などの合併症をもつ場合が多くあります。 また高齢者、妊娠中の女性、 人工透析を受けている人で、不眠症の方のなかにもかなり多く見られます。 とりわけ鉄欠乏性貧血と慢性腎不全などの疾患がある方は、むずむず脚症候群が起こりやすいので、下肢に異常感覚があれば、専門医の診断を受けた方がよいでしょう。

 また、むずむず脚症候群の方には、周期性四肢運動障害を併発している人も多くいます。 むずむず感がおさまって入眠すると、今度はピクンピクンと下肢が動きます。 当然ながら なかなか入眠できず、中途覚醒が多く、深い眠りのノンレム睡眠が減少してしまいます。

むずむず脚症候群の治療

 むずむずする異常体感や疼痛は、治療によってほぼ完全におさまります。 治療法は薬物療法が中心で、軽症であればクロナゼパムが有効です。 中等度以上になると、クロナゼパムの他にL-DOPA、オピオイドなどが試みられます。 また鉄欠乏性貧血との合併が認められる方には、鉄剤が有効な場合もあります。


むずむず脚症候群専用サプリメント

病院へ行くほどでもない、病院へなかなか行けない、病院は行きたくない、薬はイヤ!
という方には、こんなサプリメントもあります。

ムズムズシラズ(定期購入コース ¥3,850)

・むずむずの頻度が減った!     95.8%
・身体に負担なく続けられる!    98.1%
・これからも飲み続けたい!     95.4%
・普通の生活ができるようになった! 83.1%
・小粒で飲みやすい!        97.6%

こんな評価をいただいているサプリメントです。

むずむず脚症候群の様々な原因に対して必要な栄養素をギューッと凝縮!

・体の中でドーパミンを作り出すアミノ酸『チロシン』
・体の中での吸収率が高い『ヘム鉄』
・体の中での吸収率が高い『モノグルタミン酸型葉酸』
・体の潤滑油ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)

*15日間の返金保証が付いてます
*定期コースは4ヵ月の継続購入が必要となります(2回目以降¥3,657)
(体の細胞が生まれ変わるのは最低でも4ヵ月かかるので、継続して摂取するのがおすすめ)

お申込み、詳細は公式サイトからご覧ください

   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓


 

サイトマップ