不眠・睡眠障害:交代勤務睡眠障害とは

交代勤務睡眠障害とは

 交代勤務睡眠障害は、睡眠をとるべき時間帯に仕事をすることで発生する睡眠障害です。 近頃は深夜営業、24時間体制といった作業時間や業務内容の多様化とともに、交代勤務、夜間勤務にたずさわる人が増えています。  また、従来から医療機関や、交通機関などに従事する人々は、夜勤の時は生活が昼夜逆転しています。
家に帰るのは夜が明けてから・・・
 現在、日本では労働人口の約20%の人が交代勤務といわれています。 しかも交代勤務につく人のうち約30%を越える人が、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒などの睡眠障害を訴えています。 睡眠障害のみならず、慢性的な疲労感、食欲不振、下痢、嘔吐といった胃腸障害もあらわれます。 交代勤務によって本来睡眠をとる時間帯に活動し、 本来活動している時間帯に睡眠をとらなければならないため、生体リズムがくずれて様々な障害が起きるのです。

 もともと体内に備わっている睡眠覚醒リズムと生活時間がずれると、体内時計はそのずれにすぐには同調しきれません。 深夜勤務が終了して帰宅し、昼前に眠ろうとしても、速やかには入眠できないわけです。 しかも入眠しても 2、3時間で覚醒してしまいます。 また、入眠障害、中途覚醒に加えて、熟眠障害も多い訴えです。 通常は入眠してから深い眠りのノンレム睡眠に入り、約90分で最初のレム睡眠が現われます。 ところが、昼前に入眠するとレム睡眠が早く出現し、ぐっすりと眠った感じがしないのです。 つまり、交代勤務就労者の眠りは、質も量も阻害されて いるのです。 その結果、集中力や能率の低下を招き、大事故の危険性が高まりますので、交代勤務のシフトの見直しなども必要となります。

交代勤務睡眠障害の対処法

 交代勤務睡眠障害の対処法としては、まず睡眠のリズムを調整することです。 時差症候群と同じく、1日を長くするほうが生体リズムの負担は少なくなります。 もしできるのであれば、日勤、準日勤、深夜勤というように、時間を後ろにずらすようにローテーションを組むことで、症状は軽減されるでしょう。

 また、交代勤務の体制の中で、工夫をすることも大切です。 体内時計のリズムは、光の影響を受けています。 そのため夜勤時には職場の照明を明るくすることで、生体リズムに作用し、仕事の能率も上がるといわれています。 あるいは 夜勤明けに帰宅する時には、サングラスなどで強い太陽の光を避けると、帰宅後の入眠が容易になります。 睡眠をとる寝室では、できるだけ光や音を遮断して、環境を整えるように努めましょう。

 うえに挙げたような対処法でも症状が改善されないようであれば、睡眠障害の専門の医療機関において薬物療法、 高照度光療法などの治療を受けるようにしましょう。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ