不眠・睡眠障害:季節性うつ病とは

季節性うつ病とは

 気分障害における睡眠障害の最大の特徴は不眠症ですが、なかには過眠型のうつ病もあります。 気分障害の人のうち約10〜15%は、睡眠障害の症状として過眠を訴えます。 とくに躁とうつを交互に繰り返す双極性障害のうつ病相には、過眠型のタイプがよく見受けられます。 こうした過眠症があらわれるうつの代表例が季節性うつ病です。
秋になると食べ過ぎ、寝すぎで、私はクマか?
 季節性うつ病は、季節の変化によって発症する病態として、昔から注目されてきました。 たとえば、季節性うつ病のうち冬季うつ病は、秋から冬にかけて抑うつ症状が起こる疾患です。

 特徴としては、一般のうつ病に多い不眠、食欲 不振よりも、反対に過眠・過食の症状がみられます。 過食症状としては、炭水化物や糖質を過剰に摂取(炭水化物飢餓)するのが特徴です。

 その結果、一般のうつ病では体重減少が認められるのに対して、季節性うつ病では体重増加といった身体症状を伴います。 すなわち、秋から冬にかけて理由もなく気がめいり、昼間の眠気が著しく、さらに ご飯やパンや甘いものがやたらと食べたくなり、そのため体重が増加してしまう、というのが"季節性うつ病"です。

季節性うつ病の原因と治療

 季節性うつ病の原因の一つに、遺伝的要因が指摘されています。 米国国立精神保健研究所の研究では、家族発症する場合が数多くみられ、多くの人は近親者にうつ病歴および季節性うつ病歴を認めています。

 また、もう一つの原因としては、日照時間の変化が生体リズムに様々な影響をもたらしていることもわかっています。  つまり秋、冬季になると、日照時間が減少するため、睡眠覚醒のリズムやホルモンの分泌のリズムに影響を及ぼし、 脳の活性が低下しうつ状態をまねくと考えられているのです。

 したがって、季節性うつ病の治療には、高照度光療法が有効な治療手段となります。 2500〜3000ルックスの蛍光白色光を1日1回、2〜3時間程度照射します。 高照度光療法は、睡眠リズムなどの生体リズムと脳の活性度を正常化するための治療法なので、この高照度光療法を行うことで、ほとんどの方は3、4日から1週間くらいでうつ状態が軽減し、過眠症状も改善されます。

 季節性うつ病には、高照度光療法がひじょうに効果があります。 とはいっても、すべての方に有効であるとはいいきれません。 症状の一部が改善されない場合には、薬物療法、精神療法、行動療法も合わせて行われます。  また、季節性うつ病の方が、ご飯やパンなどを大量にとるのは、神経伝達物質である脳内のセロトニンの不足を補うための行動なので、そうした炭水化物の過剰摂取に対し、食事の指導も行われます。




アメリカのペンシルバニア大学で行われた「薬物療法と心理療法」をうつ病患者に1年間行った比較実験で
薬物療法の完治率は 12%
心理療法の完治率は 79%
という結果が学会発表されました。

上記プログラムは、心理療法と自己治癒力を高める自然療法を中心に心の病を改善するための支援を行っている『こころの相談室』が監修制作したものです。
最先端の臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、自宅でも出来るようにプログラム化しました。

自宅で、自分でなんとかならないか悩んでいる方

ちょっとこちらをご覧になってみてはいかが 



薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の入眠快眠熟眠睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ