不眠・睡眠障害:気分障害(躁うつ病)とは

気分障害(躁うつ病)とは

 精神障害に伴う不眠・睡眠障害として、もっとも多いのが気分障害による睡眠障害です。 気分障害は、双極性障害(躁うつ病)と、うつ病性障害(うつ病)に大別されていますが、ここでは主に後者に見られる睡眠障害について述べます。
あ〜あ、なんでねむれないんだろう・・・
 うつ病は、睡眠障害をもたらす精神疾患の代表といえます。 うつ病の方の大半が不眠を合併し、あるいは逆に不眠が持続している人の多くがうつ病を引き起こします。 うつ病に伴う睡眠障害は、早朝覚醒が特徴的です。 なかなか寝つけない入眠障害があり、夜中の2時、3時に目が覚めて、再び眠ることができなくなってしまう早朝覚醒がよくみられるのです。 そうした不眠症状に加えて、食欲不振、意欲低下、朝起きて気分が落ち込む、 いらいらするといったことがあると、うつ病の疑いがあります。

 うつ病のよる不眠の大きな特徴は、夜間のみならず、昼間もまったく眠れないということです。  その原因として、うつ病の方が、夜も昼も眠れないのは、覚醒時に、次に来る睡眠を誘発するはずの物質を蓄えるメカニズム(能力)に障害があることが考えられています。 脳で作られる睡眠物質は、覚醒していればいるほど脳の中 にたまり、睡眠を誘発します。 その物質の量が、うつ病の人と健常者ではかなり差があることが明らかになっています。  うつ病の人は、睡眠物質がなかなかたまらないため、入眠までに時間がかかり、眠りの維持もできないのです。

 もう一つの大きな特徴は、眠っている時によく夢を見ることです。 これはレム潜時(入眠から 最初のレム睡眠が現われるまでの時間)が関係しています。 うつ病の人は、最初のレム睡眠が現われる時間が早くなることがわかっています。 健常者の睡眠は、入眠してまず、深いノンレム睡眠に入り、約90分が経過したところでレム睡眠に移行します。 ところが、うつ病に人は、30分以内にレム睡眠が表れるのです。 うつ病が重症になった人が、「夢ばっかり見ます」というのは、寝入りばなにレム睡眠に入り、レム睡眠時に特有の現象である夢を見ていて、 それが中途覚醒が多いために、記憶に残ってしまうためです。

 また、睡眠潜時(入床・消灯から寝つくまでの時間)でも健常者とうつ病の人では大きな差があります。 健常者は遅くとも約20分で入眠していますが、うつ病の人は1時間近くかかります。 特にメランコリー親和型性格(生真面目で 几帳面で責任感の強い、うつ病にかかりやすい病前性格)の単極型うつ病の人は、睡眠潜時が長くなり、同時にレム睡眠潜時が短くなっていることが明らかになっています。 

うつ病に伴う睡眠障害の影響

 うつ病に伴う睡眠障害は生体機能にも様々な影響をもたらします。 うつ病を生体リズムの観点から見ると、体温は平均して昼も夜も上昇していますし、血圧も上昇、脈拍も増加しています。 副腎皮質から分泌されるホルモンのコルチゾールやACTHは平均分泌の亢進が見られ、脳下垂体から分泌されるホルモンのプロラクチンもまた平均分泌が亢進しています。 このように、うつ病の人は、見た目は沈みこんで元気がないのですが、体の中は不安と緊張が高まっている状態が続いているのです。

うつ病に伴う睡眠障害の治療

 うつ病の薬物療法で用いるのは、主に抗うつ薬です。 不安感の解消には、精神安定薬(抗不安薬)を併用することもあります。 睡眠障害の治療には、早期覚醒を改善するために、短〜中時間作用型の睡眠薬を用います。

 1999年に日本で使用が承認された抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、メラトニンの分泌に影響し、夜間の分泌を高めるというデータがあります。 また、2000年に承認された抗うつ薬のSNRI(選択的 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)も現在使用されています。

 その他、うつ病の治療には、行動療法や精神療法も重要です。




アメリカのペンシルバニア大学で行われた「薬物療法と心理療法」をうつ病患者に1年間行った比較実験で
薬物療法の完治率は 12%
心理療法の完治率は 79%
という結果が学会発表されました。

上記プログラムは、心理療法と自己治癒力を高める自然療法を中心に心の病を改善するための支援を行っている『こころの相談室』が監修制作したものです。
最先端の臨床心理学に基づく心理療法と、古来より伝わる伝統養生法を組み合わせ、病気の改善に最も有効な療法を、自宅でも出来るようにプログラム化しました。

自宅で、自分でなんとかならないか悩んでいる方

ちょっとこちらをご覧になってみてはいかが 


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の入眠快眠熟眠睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357


 

サイトマップ