不眠・睡眠障害:時差症候群(時差ぼけ)とは

時差症候群(時差ぼけ)とは

せっかくの海外旅行が時差ボケで・・・
 時差症候群というのは、一過性の概日リズム睡眠障害で、いわゆる「時差ぼけ」のことです。 概日リズム(サーカディアンリズム)は、生体機能においておおよそ24時間を一周期とするリズムで、脳に備わっている体内時計によってコントロールされています。 この概日リズムは、生体リズムの一つである睡眠覚醒リズムもつかさどっています。

 ところが、4〜5時間以上の時差のある地域を飛行機で移動すると、体内時計が時差に同調できなくなります。 急激な移動によって、現地時間と体内時計にずれが発生し、生体リズムが障害されるのです。 その結果、一過性の不眠や、日中の眠気といった睡眠障害の症状が出る状態が、時差症候群(時差ぼけ)といえます。

時差ぼけと飛行方向

 時差による睡眠障害は、飛行方向によって影響されます。 おおよそ日本からアメリカ方向に向かう東回りの飛行より、 ヨーロッパ方向に向かう西回りの飛行のほうが、時差ぼけの症状は少なくなります。 これは、一日の周期を後退させるほうが前進させるよりも、生体リズムに負担が少ないからです。 

 時差症候群は一過性の障害ですから、現地に滞在しているうちに徐々に解消します。 体内時計が時差を調節できるのは、東行きで1日につき1時間、西行きで1日につき1時間半といわれています。 東行き、西行き、いずれにしても、 一週間から10日ほどで不眠や日中の眠気といった症状は軽減していきます。

時差ぼけの解消法

 時差ぼけの解消法としては、出発前に十分に睡眠をとっておくことが大切です。 そのうえで東行き(アメリカ方面)ならば、 数日前から早く就寝して早く起床するようにします。 西行き(ヨーロッパ方面)の場合は、逆に少しずつ遅く就寝するよう に時間をずらしておきます。
 そして、現地に到着したら、アメリカ方面ならすぐに2〜3時間睡眠をとります。 睡眠をとったら眠くても起きて、戸外で太陽の光を浴びます。 また、ヨーロッパ方面であれば仮眠はとらず、現地時間に即して活動します。 さらに現地で夜は早めに眠ることで、生体リズムは速やかに同調していきます。

 不眠、日中の眠気などの症状が重い場合は、睡眠薬を服用します。 現地に到着後、超短時間型の睡眠薬トリアゾラムやゾルピデムなどの就寝前内服が効果があります。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の熟眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ