不眠症・睡眠障害:精神生理性不眠症とは

不眠・睡眠障害:精神生理性不眠症とは

 不眠症は、もっとも代表的な睡眠障害といってもいいでしょう。 なんらかの理由によって、眠れなくなったということは、 少なからぬ人が経験していると思います。
ねむれない!ねむれない!
 不眠症とは、睡眠の量の不足、または質の不良から生じる状態をいいます。 通常は、なかなか入眠できない入眠障害寝ても途中で覚醒してしまう中途覚醒睡眠をとっているのにぐっすり寝た気がしない熟眠障害といった症状を 自覚します。

 不眠の原因は、ストレス、不規則な生活、睡眠環境の変化など様々です。 ただし、いろいろな原因で一過性の 不眠症になっても、ストレスの原因になっている問題が解決したり、生活や環境が改善されれば、自然に眠れるように なります。

 ところが、眠れないことそのものを恐れる不眠恐怖症のような状態になる場合があります。 そして、眠ろうとすればするほどよけいに眠れなくなる悪循環に陥ります。 それが精神生理性 不眠症です。

 精神生理不眠症の人は、たいがい眠れないつらさを医師に訴えます。 しかし、この不眠症では、自分の評価よりも 実際はよく眠っていることが多いのです。 このような方の睡眠時間の自己評価の悪さを「睡眠状態誤認」といいます。


 このようなこともあるので、精神生理性不眠症の治療には、やたらに睡眠薬を使ってもあまり効果はありません。

 実際は眠っているのに、ストレスなど他の要因によって「眠れない、眠れない」と訴えているからです。 不眠症というと睡眠薬を飲めばよいと思われるかもしれませんが、眠れないという訴えに、すぐさま睡眠薬という対応では、不適切 な事例もしばしばあるのです。

 精神生理性不眠症では、むしろ眠ることにこだわりすぎないことが大切です。 布団に横になっても眠れないのに、 起きて読書をしたり、音楽を聞くなどしていると、すっと眠くなるということがよくあります。

 寝室の睡眠環境を改善 したり、寝る前にリラックスすることも大切です。 ときには、眠れなくなったもともとの原因や、眠れないことへの恐れ を取り除くための精神療法が必要になる場合もあります。

 まずは眠るための過剰な努力はやめて、眠れなくても「眠れるだけ眠られればいい」という意識をもち、いったん 起きて何か別なことでもしたほうがいいのです。 それでも1ヵ月以上も不眠が持続しているようならば、病院を受診することが必要となります。


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ