睡眠障害を乗り越え安眠、快眠、熟睡をめざすサイト


睡眠障害:不眠症の自己チェック

不眠症の自己チェック

 複雑な現代社会では、多様な睡眠障害が発生しています。 現在、日本人の5人に1人が睡眠に関する悩みを 抱えており、さらに増え続ける傾向にあるのです。

 睡眠に関する悩みの内容は、不眠、日中の眠気、早朝に目が覚めるなどいろいろであり、もっとも多い不眠を訴える 人の半数が、ほぼ毎晩障害が現われて、日中の生活に影響があると報告しています。 ところが、毎晩障害が発現し、 日中の生活に影響があり、受診の必要性があるにもかかわらず、治療を受けている人は決して多くはないのです。

 睡眠障害には、身体疾患や精神疾患が隠れていることがあるのです。 睡眠障害が引き金になって、脳血管障害 などを生じることもあります。 また睡眠障害によって、重大事故を引き起こすおそれもあります。 そういった様々な リスクが存在しますので、生活を改善するなど、なるべく早めに自分で解消することが大切です。 そして自分なりに 努力してもなお、不眠や日中の眠気などが解消されなければ、医療機関で専門の診断と治療を受けましょう。

 たとえば、次のような症状がみられる場合です。

・床についても、なかなか寝つかれない状態が続いている。

・いくら眠っても寝たりない気がする。

・始終、日中の耐え難い眠気に襲われる。

・日中の耐え難い眠気が、数日ないし数週間の一定の周期で現われる。

・入眠する時刻、目覚める時刻が毎日少しずつ遅くなっている。

・睡眠中に激しいいびきや、脚のぴくつき、むずむず感がある。

不眠かどうかの自己評価

 次の項目について、5段階で評価してみましょう。
1:一度もない 、 2:たまに 、 3:時々 、 4:しばしば 、 5:ほとんどいつも

□寝つきが悪い

□入眠するまで1時間以上かかる

□夜中に4回以上目がさめる

□いったん目が覚めるとなかなか眠れない

□朝、目が覚めるのが早すぎる

□よく眠れないのではないかと心配だ

□眠れるようにアルコールを飲む

□横になっていると、脚が落ち着かなかったり、あるいはけいれんする感じがする

□朝起きるのがつらい

□目覚めた時だるい

□眠ってもすっきりしない

□長い間床に入っていたのに十分な睡眠時間が取れていない

□眠っても日中に疲れが残っている


*チェックしたうち、4または5が2つ以上あった場合は、医師に睡眠について相談した方がよいでしょう。

日中の眠気の自己評価

 同様に、日中の眠気について4段階で評価してみましょう。
1:一度もない 、 2:たまに 、 3:時々 、 4:しばしば

□乗り物に乗っているとき眠ってしまう

□テレビを見ながらうとうとする

□座ると10分もしないうちに居眠りしてしまう

□友人宅を訪問中に眠ってしまう

□会話中に眠ってしまう

□車を運転すると数分でうとうとしてくる

□15分も読書すると眠くなる

□リラックスしているとうとうとする


*チェックしたうち、3または4が2つ以上あった場合は、医師に睡眠について相談した方がよいでしょう。

睡眠日誌の記入

 医療機関に行く前にすべきこととして、睡眠日誌をつけることが大切です。 医師に状態を正確に伝えることは、 診断と治療のための重要な情報になります。 睡眠障害の診断では、患者さんの睡眠状態を把握するために、 綿密な問診が行われます。 そのためには約1週間ほど、睡眠日誌をつけておくと便利です。 睡眠日誌には、 何時に就寝し、何時に起床し、何時間眠ったかを記録することで、状態を的確に報告できます。 それによって 医師が病態を判断し、最善の治療をするうえで役に立ちます。


【最新脳科学&心理学】3日で朝5起き体質になる熟睡プログラム


スポンサードリンク

Copyright© 2007-2013 ogaru.net All Rights Reserved.

トップページ 睡眠障害の分類 精神生理性不眠症 睡眠時無呼吸症候群 ナルコレプシー 周期性四肢運動障害 むずむず脚症候群 アルコール依存睡眠障害 レム睡眠行動障害 時差症候群(時差ぼけ) 交代勤務睡眠障害 気分障害(躁うつ病) 季節性うつ病 統合失調症(精神分裂病) 不安障害(パニック障害) 認知症(痴呆症) 不眠症の自己チェック 安眠快眠熟睡の8カ条 安眠快眠熟睡グッツの紹介 このサイトについて
スポンサードリンク




ネットで買える薬屋さん
三牧ファミリー薬局