不眠症・睡眠障害の自己チェック

不眠症の自己チェック

 複雑な現代社会では、多様な睡眠障害が発生しています。 現在、日本人の5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えており、さらに増え続ける傾向にあります。

 睡眠に関する悩みの内容は、不眠、日中の眠気、早朝に目が覚めるなどいろいろであり、もっとも多い不眠を訴える 人の半数が、ほぼ毎晩障害が現われて、日中の生活に影響があると報告しています。 ところが、毎晩睡眠障害が発現し、日中の生活に影響があり、受診の必要性があるにもかかわらず、治療を受けている人は決して多くはないのです。

 睡眠障害には、身体疾患や精神疾患が隠れていることがあります。 睡眠障害が引き金になって、脳血管障害 などを生じることもあります。 また睡眠障害によって、重大事故を引き起こすおそれもあります。 そういった様々なリスクが存在しますので、生活を改善するなど、なるべく早めに自分で解消することが大切です。 そして自分なりに努力してもなお、不眠や日中の眠気などが解消されなければ、医療機関で専門の診断と治療を受けましょう。

 たとえば、次のような症状がみられる場合です。

・床についても、なかなか寝つかれない状態が続いている

・いくら眠っても寝たりない気がする

・始終、日中の耐え難い眠気に襲われる

・日中の耐え難い眠気が、数日ないし数週間の一定の周期で現われる

・入眠する時刻、目覚める時刻が毎日少しずつ遅くなっている

・睡眠中に激しいいびきや、脚のぴくつき、むずむず感がある

不眠かどうかの自己評価

 次の項目について、5段階で評価してみましょう。

1:一度もない 、 2:たまに 、 3:時々 、 4:しばしば 、 5:ほとんどいつも

□寝つきが悪い

□入眠するまで1時間以上かかる

□夜中に4回以上目がさめる

□いったん目が覚めるとなかなか眠れない

□朝、目が覚めるのが早すぎる

□よく眠れないのではないかと心配だ

□眠れるようにアルコールを飲む

□横になっていると、脚が落ち着かなかったり、あるいはけいれんする感じがする

□朝起きるのがつらい

□目覚めた時だるい

□眠ってもすっきりしない

□長い間床に入っていたのに十分な睡眠時間が取れていない

□眠っても日中に疲れが残っている

チェックしたうち、4または5が2つ以上あった場合は、医師に睡眠について相談した方がよいでしょう

日中の眠気の自己評価

 同様に、日中の眠気について4段階で評価してみましょう。
1:一度もない 、 2:たまに 、 3:時々 、 4:しばしば

□乗り物に乗っているとき眠ってしまう

□テレビを見ながらうとうとする

□座ると10分もしないうちに居眠りしてしまう

□友人宅を訪問中に眠ってしまう

□会話中に眠ってしまう

□車を運転すると数分でうとうとしてくる

□15分も読書すると眠くなる

□リラックスしているとうとうとする

チェックしたうち、3または4が2つ以上あった場合は、医師に睡眠について相談した方がよいでしょう


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の入眠快眠熟眠睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓


 

サイトマップ