不眠・睡眠障害:アルコール依存睡眠障害

アルコール依存睡眠障害とは

 なかなか寝つかれない時に、少量のアルコールを飲む方も多いことと思います。 しかし、いつも寝つきが悪く、毎晩のように大量のアルコールを飲まなければ眠れないとしたら問題でしょう。 もしも、30日以上持続して睡眠のために 飲んでいるのであれば、アルコール依存睡眠障害が疑われます。
毎日アルコールがないと眠れないのですが・・・
 たしかにアルコールは、中枢神経を抑制する作用があり、飲むことでリラックスできます。 たまに少量だけ飲むなら入眠をうながし、深い眠りのノンレム睡眠を増加させます。 ところが、大量の飲酒は中途覚醒がおきて、夜遅くに眠っても朝の4時や5時に目が覚めてしまうことがあるのです。

 しかも、長期にわたって大量に飲酒していると、この傾向は増して、耐性の高まりとともに飲酒の量をふやさなければ眠れなくなっていきます。 毎晩飲酒を続けることで、アルコールの睡眠作用が弱まるわけです。 やがて眠るために、徐々に飲酒の量が増えて悪循環に陥り、依存症になっていくのです。 

アルコール依存睡眠障害と振戦せん妄

 アルコール依存睡眠障害を直そうと、自己判断で急激に断酒をすると、中枢神経が興奮状態になってしまいます。 いわゆるアルコール依存症の離脱症候群がみられるようになるのです。 その典型は振戦せん妄や、けいれん発作となって現われます。

 振戦せん妄とは、軽度、中等度の意識の低下があり、不眠、興奮、幻覚、錯覚などが発現する状態のことです。  この振戦せん妄が起きている時には、睡眠ポリグラフィに特異な所見が認められます。 それは変容睡眠などと呼ばれるもので、レム睡眠の特徴である急速眼球運動がありながら、筋電図には筋肉の活動が記録されます。 これがせん妄のときの夢幻様現象の生理的表現とされ、同じことが脳幹の器質病変や、高齢者認知症のせん妄にもみられるものなのです。

*睡眠ポリグラフィ
 一晩の睡眠中の状態( いびき、呼吸の乱れ、無呼吸、不整脈 )を観察し記録する検査です。 脳波や眼の動き、 筋肉の緊張、呼吸、心電図、酸素飽和度( 血中の酸素量 )などを同時に記録します。 この検査によって睡眠の深さ や睡眠の質、睡眠中の呼吸の状態、けいれん発作、心臓の異常( 不整脈 )などを知ることが出来ます。

アルコール依存睡眠障害の治療

 アルコール依存睡眠障害の治療は、まず寝る前のアルコールをやめることです。 とはいっても急激にアルコールをやめると、レム睡眠が増加して顕著な不眠があらわれるなどのリスクがあるので、専門医の指導のもと数週間で徐々に減らしていきます。 また、生活指導による睡眠習慣の改善も必要です。

 薬物療法としては、睡眠薬、精神安定薬、抗うつ薬を投与すると同時に、精神療法も重要になります。


アルコール依存症を人知れず、自分で治したい!!!という方

ちょっとこちらをご覧になってみては 


薬に頼らない睡眠を望んでいる方に 効く天然由来サプリ♪

・特許成分!みるくリラックスペプチド「ラクティウム」を推奨量配合
・天然植物から生まれた休息特許成分ラフマ葉抽出物配合
・睡眠のリズム・体内リズムを整えるセロトニンの原料となるトリプトファンも配合
・他にも、ぐっすりをサポートするグリシンGABAテアニンカモミールを配合

上記成分が他の睡眠サプリより抜きんでた量配合されているのは・・・

入眠から朝までしっかりサポート!する『グッドナイト27000』
   ↓↓↓ 公式サイトはこちら ↓↓↓
8357

 

サイトマップ